MENU
旭川ひとり旅

旭川のシンボル 旭橋 常盤公園 大雪山旭岳

2019年9月5日の旭川の早朝です

朝の旭川の街

チェックアウトする前ですが、ホテル(星野リゾートOMO7旭川)から常盤公園、旭橋、石狩川の散策

旭川の朝 旭川のシンボル 旭橋へ

星野リゾートOMO7旭川を出て、ロータリーを通って、常盤公園沿いを通って、石狩川、旭橋へ

旭川の文化施設 常盤公園横

常盤公園脇には中央図書館、公会堂があります

旭川 中央図書館
旭川 中央図書館

案内図に常盤館と書かれてましたが、文学資料館などがあるようです

旭川 常磐館
旭川 常磐館

昔はここは青少年科学館という施設だったと思います

子どもが遊び行く科学館でよく行ったところです

今は科学館サイバルという施設が宮前公園のほうにあります

旭川 常磐館
旭川 常磐館

旭川のシンボル 旭橋と石狩川

旭川の象徴 旭橋

川の多い旭川ですから橋も多いです

その中でも旭橋は旭川のシンボルの橋

石狩川 旭橋
石狩川 旭橋

牛朱別川が石狩川に合流するところに架かっています

石狩川 旭橋
石狩川 旭橋

昭和4年着手、昭和7年竣功

ドイツから輸入した鋼材だそうです

旭橋
旭橋

土木遺産のプレートもありました

旭橋
旭橋

昔は軍都旭川

ここは第7師団と旭川の駅や中心街をつなぐ道ですから師団通りという通りでした

北鎮記念館には、この旭橋の両端に掲げられていた旭日章の2分の1の木製模型がありました

実物は青銅製だったそうです

今は駅前の通りの名称は平和通りです

軍のための道路から変わりました

石狩川 旭橋
石狩川 旭橋

いしかり川は非常に曲がりくねった川

石狩川
石狩川

旭川散策 旭橋と石狩川と大雪山旭岳の風景

旭橋から牛朱別川と大雪山旭岳

旭橋から牛朱別川の方向

牛朱別川の先には大雪山がみえます

一番高いのが旭岳です

旭川だと大雪山の中では、旭岳が一番馴染みのある山かもしれないです

小学校にあがる前にも姿見の池の少し上くらいまで行った覚えがあります

大雪山旭岳
大雪山旭岳

牛朱別川はとてもきれいになりました

煙の出ている煙突がありますが、このあたりはパルプ工場でしたから、昭和の時代は牛朱別川は近寄りがたいなかなか大変な川でした

旭橋から牛朱別川と大雪山旭岳
旭橋から牛朱別川と大雪山旭岳

ちょうど旭橋の下で牛朱別川と石狩川が合流します

石狩川 旭橋
石狩川 旭橋

石狩川の河川敷から旭橋

旭橋を渡り、堤防を新橋のほうへ

石狩川の河川敷の公園

散歩やジョギングの人もみかけます

石狩川 河川敷
石狩川 河川敷

旭橋と大雪山旭岳

旭橋の向こうに大雪山旭岳

石狩川 旭橋
石狩川 旭橋

朝でもやもやしていますが、ニコラス展望タワーのあるサンタプレゼントパーク

スキー場です

昔の名前は旭川台場ヶ原サンバレースキー場

バブル期には遊園地もあったようです

ニコラス展望タワー サンタプレゼントパーク
ニコラス展望タワー サンタプレゼントパーク

旭川 常磐公園 旭川市街散策

旭川散策 常盤公園

常盤公園
常盤公園

池と神社と旭川の文化施設のある常盤公園

常盤公園
常盤公園

花と緑に囲まれた千鳥ヶ池

常盤公園千鳥池
常盤公園千鳥池

ボート乗り場があります

常盤公園千鳥池
常盤公園千鳥池

池のかも

常盤公園千鳥池
常盤公園千鳥池

天文台があります

常盤公園天文台
常盤公園天文台

よくここに来ました

この旭川市天文台

道内初の天文台で、市立天文台としては全国初の施設だったそうです

天文台としての役割は終えています

常盤公園天文台
常盤公園天文台

池の橋

常盤公園千鳥池
常盤公園千鳥池

銅像や記念碑も多い常盤公園

岩村通俊

明治18年に上川盆地を近文山から見渡し、上川の可能性を見いだした人物

初代北海道庁官を努めています

当初は上川盆地に道都を置こうという話もあったとか

常盤公園 岩村通俊
常盤公園 岩村通俊

永山武四郎は旭川市内の永山の地名に残ります

明治5年から北海道開拓使で、北海道開拓、屯田兵制度整備、北海道の産業発展につとめた人物

旭川の礎を作ったと言われる方

常盤公園 永山武四郎
常盤公園 永山武四郎

旭川ひとり旅 旭川美瑛富良野をまわりました